私と身体と心

平凡な日常を送っていたOLが突然高安病と診断され、闘病生活をすることになりました。時間もあるので日記をつけようと思いました。一応出来る限り毎日思った事、やった検査などを載せていこうと思います。体調が疲れてしまった時は短いかもしれません。。

私の病気について

まずはじめに、私が今回患っている病名について。

 

病名は高安病といい、自己免疫疾患の一種にあたります。

血管が炎症を起こしてしまい、様々な症状が出てしまう病気です。

たこの高安病という病気は原因が未だにわかっておらず、特定疾患として扱われています。

 

私の大まかな症状としては、

めまい、立ちくらみ、胸の痛み、貧血、失神

この症状がここ最近頻繁に起こっていました。

少し歩くだけで苦しくなったり、急に動くと目の前がまっくらになったりなど。

2年前くらいから急に貧血のような症状がでていたので、もしかするとその頃には既にこの病気にかかっていたのかもしれません。

 

私の場合を簡単に説明すると、

血管の炎症により血管肥大化し、血管の中が細くなり栄養や、酸素が末端までいかない体になっていました。

肺の動脈も炎症により細くなってしまった為、酸素と二酸化炭素が上手くわけられずに呼吸がくるしくなっていたそうです。

さらには首の動脈も細くなり脳に十分な血液、酸素がいかずめまいや立ちくらみを引き起こしていたみたいです。

 

2年前は貧血かなーなんて軽く受け止めていましたが、蓋をあけてビックリ。まさか自分の体がこんなことになっているなんて思いもしませんでした。

 

治療方法は現在ではステロイドを使用するのが1番有効とされているそうです。

ステロイドはもともと人の体には必要不可欠なホルモンで毎日微量ではありますが、5mgくらい作られているそうです。

例えば、食欲不振、低血圧、血糖値の低下、などこのように体が弱っている状態をステロイドは助けてくれるホルモンだそうです。

ただ、これも良いホルモンとはされているけれど取りすぎは良くないみたいで、必要以上に取りすぎると高血圧、血糖値の上昇などを引き起こすそうです。

 

私の場合はこれを大量に摂取しなければならないため、高血圧、免疫力の低下などの副作用の心配もしなくてはなりません。

 

副作用も怖いですが、なによりもこの病気の血管の炎症の方が怖いなと思いました。笑