私と身体と心

平凡な日常を送っていたOLが突然高安病と診断され、闘病生活をすることになりました。時間もあるので日記をつけようと思いました。一応出来る限り毎日思った事、やった検査などを載せていこうと思います。体調が疲れてしまった時は短いかもしれません。。

入院生活1日目

10月4日(水)

この日は急遽入院となる事がわかり、私も家族もバタバタ。とりあえず私はストレッチャーと呼ばれる謎の板に載せられて、色んな検査の旅をしてました。

 

色んな検査の中でも特に今回ビックリしたのはCTスキャン!CTのスキャン過去にも何回もやったことあるんだけど、今回は初めて造影剤と言うものを注入しての撮影。なんでも見たい部分が見えやすくなるとか!?

この造影剤とてもすごくて、注入して撮ってもらうと体のその部位がとても暑くなるんです。はい!体燃焼してます!!ファイヤー!!みたいな感じ!初めてだったから、うおおおおっと一人で感動してました。

最近の医療はそんな方法でとったりもするんですね。前からあるのかもしれないけど、造影剤を必要とする検査に今までお世話になったことがなかったから余計に驚きました。

 

造影剤での撮影を終えて、いよいよ病棟へ。朝ごはんは自宅で食べてからは、お昼もとらずに病院を移動したり、検査巡りでしたので気付いたらあっという間に夜でした。おなかペコペコ。人間こんなに検査であちこち調べられてもやっぱり腹は減る。減るもんは減る。

 

病室へ移動しいよいよ初めての病院ご飯!!とにかくお腹が減っていたので嬉しかった!この日は一般常食と書かれたメニューのご飯をいただきました。

 

看護師さんからの説明によると、私は絶対安静。ベッドから出てはいけません!何かあったらナースコールで呼んでね!との事。自由に出歩けず、電話をかけに行くことも出来ないので会社への連絡をメールでポチポチ。

検査中に親に取り急ぎ連絡しておいてほしいとお願いしてあったので、入院となる事は報告済みだったけど、やっぱり自分からもきちんと説明しないといけないと思ったのですぐに連絡しました。社会人なら当たり前か笑

 

あとは仲のいい友達にすぐにLINEで近況報告。あとは今月一緒に遊ぶ予定だった友達にも連絡しました。

みんなビックリしてたなぁ。私自身もびっくりだからそりゃそうかって感じ。

 

入院期間が2週間と言われていて、もうすぐ友達の結婚式が迫っていたので慌ててカレンダーとにらめっこしました。

どうやら結婚式には間に合いそう。。一応まだわからないけど、事情を説明してたぶん退院間に合うはず!と報告。こんな時期に私のことで心配させたくなかったし、というか仲のいい子だから絶対行きたい!!という気持ちの方が強かった。

 

入院初日は色々と緊張してたけどあっという間に消灯時間。知らない天井ってこの事か...とくだらない事を思いつつ、検査疲れもありその日はぐっすり眠れました。

 

ちなみに絶対安静のため、トイレもお風呂も一人ではいけない状態です。

トイレは尿の方は管をさしてあり自動的に私の尿が回収されていく仕組み。看護師さん達はバルーンと呼んでいましたが、それを知らない私は勝手におしっこ自動かき集め機と一人で称していた。※機械ではなく原始的なものです。